JR人妻鳩山 | 盆地が熱い!!所沢デリヘル日記

 

JR人妻鳩山

  • 投稿者 : 15.8秒バズーカ
  • 2013年3月18日 1:03 AM

大演説に疲れ果てたわたしは、自分のためにもう一杯ヘネシーをついだ。デリヘリオーナーは鉛筆を耳にはさみこみ、こんなものを見るのは生まれて初めてだというような顔でレジスターをにらみつけていた。「誰かレジスターを鳴らしたか。鳴らすわけないなあ。俺以外、ここじゃ誰もなにもしてないもんなあ」「店をこわしたのもふくめてな」わたしはいった。「銃は隠したほうがいいぞ。誰かがサッに通報したかもしれない」「警部クラスまでひっくるめて、この分署のおまわりは全員まるめこんであらあ」ステイーヴは、濡れたゴムマットにキスして口の端からきたならしい茶色の泡を吹いているバイブを見下ろし、その身体をもちあげようとしている売れっ子デリヘル嬢に訊いた。「死んでる?」「ちょっと休息が必要だっただけ」ぶうぶうこぼしながらベルトをつかんでバイブをひきおこした売れっ子デリヘル嬢が答えた。「十五分もすれば、のどが渇いて眼を覚ますよ」「力があるな」ブランディをすすりながらわたしはいった。前はベンチプレスで百五十キロ以上挙げた。きょうびは女子高生でももっと挙げる」売れっ子デリヘル嬢は、ぐんにやりしているバイブをカウンターによりかからせた。それから身をかがめて、消防士が火事場でやるように彼を肩にかつぎあげた。第一に鳩山 人妻にある「頭をぶつけないようにしてやれよな」身体をふりまわしている売れっ子デリヘル嬢にむかってわたしはいった。



この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。